[twcouch] TiddlyWikiをCouchDBに保存する。

TiddlyWiki」はjavascriptをベースにしたWiki形式のパーソナルメモツールです。

よくあるサーバアプリケーション型のWikiツールに比べると、動作が軽快で(文書数が多くなると検索が遅くなりますが。)使いやすいため、メモ帳のようにして使っていました。

サーバアプリケーションとして実装するためのクローンやプラグインも公開されていますが、CouchDBをバックエンドにするアダプターを作ったので公開します。

CouchDBは以前の記事で書きましたが、Erlangで書かれた分散データベースです。 RESTfulなAPIを持つため、クライアントサイドのjavascriptから直接データベースへのCRUDができます。

jQueryとCouchDB用のAdaptertとなる、jqCouchを使っています。

(右リックして保存してください。)

使い方

1. CouchDBの設定

CouchDBのインストールと設定はCouchDBのWikiページを参考にしてください。
CouchDBにデータベースを作成します。データベースのURLは http://yourserver/dbname となるようにWebサーバを設定してください。

2. TiddlyWikiの設定

WebサーバのドキュメントルートにTiddlyWikiをおきます。
http://servername/tiddlywiki.html でアクセス可能なように、htmlファイルの名前を変更しておきましょう。
(ファイル名は好きな名前にしてください。)

3. ライブラリのダウンロード

twcouch.jsで必要なライブラリは次の2つです。

どちらもjQueryのページからダウンロードできます。

4. twcouch.jsの設定

ダウンロードしたtwcouch.jsの設定を変更します。

[twcouch.js]
config.macros.couchdb = {
    servertype: 'couchdb',
    hostname: 'servername',  <= サーバ名に変更
    dbname: 'database'          <= データベース名に変更
}

5. twcouch.jsのロード

これまでの設定で、ファイルは次のようにおいてあります。

 DocumentRoot
  +-- tiddlywiki.html
  +-- twcouch.js
  +-- jquery.js
  +-- jqcouch.js

twcouchjsが正しくロードされるようにTiddlyWikiを書き換えます。
POST-SCRIPT の設定に追加します。

[tiddlywiki.html]
<!--POST-SCRIPT-START-->
<script type="text/javascript" src=jquery.js"></script>   <= 追加
<script type="text/javascript" src=jqcouch.js"></script>   <= 追加
<script type="text/javascript" src=twcouch.js"></script>   <= 追加
<!--POST-SCRIPT-END-->

6. 確認

http://servername/tiddlywiki.html でTiddlyWikiが使えることを確認します。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。