Baculaによる、無料のエンタープライズ向けバックアップシステムを構築する【後編】

Baculaによる、無料のエンタープライズ向けバックアップシステムを構築する【後編】

はじめに

前編では、Baculaのバックアップサーバーとクライアントの構築と基本設定について解説しました。後編では、リモートバックアップとリストアの方法について解説します。

メディアセットアップ

バックアップを実行するためには、バックアップメディアが必要です。今回は、ファイルシステムをバックアップアップメディアとしてセットアップします。

  1. Bacula Consoleの起動

    Consoleを起動すると、Directorに接続した後、*(アスタリスク)のコマンドプロンプトが表示されます。

    $ sudo bconsole
    
  2. labelコマンドの実行

    labelコマンドを実行すると、Catalogに指定されたStorageが自動検出され、FileStorageが選択された後、ボリューム名の入力待ちになりますので、任意のボリューム名を入力します。
    ここでは、file1としています。

    *label
    
  3. Pool指定

    ボリューム名を入力すると、定義済みのPool名が表示されますので、Fileを選択します。
    選択すると、指定したボリューム名のメディアが作成されます。

    [vagrant@bacula-server ~]$ sudo bconsole
    Connecting to Director localhost:9101
    1000 OK: bacula-dir Version: 5.0.0 (26 January 2010)
    Enter a period to cancel a command.
    *label
    Automatically selected Catalog: MyCatalog
    Using Catalog "MyCatalog"
    Automatically selected Storage: File
    Enter new Volume name: file1
    Defined Pools:
         1: Default
         2: File
         3: Scratch
    Select the Pool (1-3): 2
    Connecting to Storage daemon File at 192.168.0.50:9103 ...
    Sending label command for Volume "file1" Slot 0 ...
    3000 OK label. VolBytes=209 DVD=0 Volume="file1" Device="FileStorage" (/mybackup)
    Catalog record for Volume "file1", Slot 0  successfully created.
    Requesting to mount FileStorage ...
    3906 File device "FileStorage" (/mybackup) is always mounted.
    
    Consoleを終了し、バックアップフォルダを確認すると、指定したメディアが作成されています。
  4. 4012-02

    以上で、メディアセットアップは終了です。

バックアップジョブの定義

インストールされたデフォルトのバックアップジョブが既に定義されていますが、ここではバックアップジョブの定義を行い、設定のポイントについて解説します。
なお、後編で行う作業は、全てDirector設定ファイルに対して行います。

  1. FileSetの定義

    FileSetは、バックアップ対象ファイルおよび、除外ファイルを指定します。 Includedで、対象ファイルを、Excludeで、除外ファイルを指定できます。

    4012-03
  2. JobDefsの定義

    JobDefsは、バックアップ対象サーバーに共通するバックアップジョブを指定します。
    Jobの定義では、Level/FileSet/Storage/Poolの指定がポイントとなります。

    4012-04
  3. Jobの定義

    Jobは、バックアップ対象サーバーの情報を定義します。
    ここでは、ジョブ名、共通ジョブ名、クライアント名を定義します。

    4012-05
  4. Clientの定義

    Jobで定義したクライアントに関する情報を定義します。
    クライアント名、IPアドレスの指定が必要です。

  5. Directorの再起動

    Director設定ファイルの編集が終了したら、Directorを再起動します。

    $ sudo service bacula-dir restart
    
    4012-06

バックアップジョブの実行

バックアップジョブを定義しましたので、ジョブを実行します。

  1. Bacula Consoleの起動
    $ sudo bconsole
    
  2. runコマンドの実行

    Consoleのコマンドプロンプトから、runコマンドを実行します。

    *run
    
  3. 定義済みジョブの実行

    runコマンドを実行すると、Directorに登録されたジョブが表示されますので、実行したいジョブを選択します。
    選択すると、ジョブがキューイングされ、しばらくするとバックアップジョブが実行されます。

    [vagrant@bacula-server ~]$ sudo bconsole
    Connecting to Director localhost:9101
    1000 OK: bacula-dir Version: 5.0.0 (26 January 2010)
    Enter a period to cancel a command.
    *run
    Automatically selected Catalog: MyCatalog
    Using Catalog "MyCatalog"
    A job name must be specified.
    The defined Job resources are:
         1: BackupClient1
         2: BackupCatalog
         3: RestoreFiles
         4: FULL_BACKUP_SERVER
    Select Job resource (1-4): 4
    Run Backup job
    JobName:  FULL_BACKUP_SERVER
    Level:    Full
    Client:   bacula-server
    FileSet:  Test Set
    Pool:     File (From Job resource)
    Storage:  File (From Job resource)
    When:     2014-02-08 16:17:26
    Priority: 11
    OK to run? (yes/mod/no): yes
    Job queued. JobId=3
    

    Consoleに表示されたログ上で、実行したCatalog/Storage/Pool/FileSetなどが確認できます。

    4012-08 4012-09
  4. リモートバックアップの実行

    これまでの手順で、Baculaクライアントのリモートバックアップを行います。

    Jobの定義 4012-10 Directorの再起動 4012-11 Jobの実行 4012-12 4012-13 4012-14

リストアジョブの定義

作成したFileSetをリストアするジョブを定義します。

  1. Jobの定義

    定義済みのStorage/Pool/FileSetおよび、Clientを指定し、リストアの場所を指定します。

    4012-15
  2. Directorの再起動
    $ sudo service bacula-dir restart
    
    4012-16

リストアジョブの実行

バックアップしたメディアから、リストアを行います。

リストアは、Baculaクライアントで実行するため、クライアントには、File Daemonおよび、Bacula Consoleがインストールされ、Baculaサーバーと接続できることが必須となります。
このため、ディザスターリカバリやハードウェア障害からのリカバリを行うためには、上記の環境を構築した後、またはシステムリカバリツールなどで基本システムを復旧した後に、リストアする必要があります。

  1. Bacula Consoleの起動
    $ sudo bconsole
    
  2. 最新バックアップの確認

    リストアするクライアントの最新バックアップを確認します。
    JobId: 5が最新だと確認できます。

    *list jobs
    
    4012-17
  3. restoreコマンドの実行
    *restore
    

    実行すると、Jobメニューが表示されますので、5:Select the most recent backup for a client を選択します。

    4012-18
  4. リストアするクライアントの選択

    登録済みのクライアントがリストされますので、リストアするクライアントを選択します。

    4012-19
  5. リストアするファイルの選択

    最新のバックアップメディアが、一時フォルダにリストアされた後、リストアするファイルを選択する$プロンプトが表示されます。
    mark *(アスタリスク)により、ファイルをマークし、doneを入力するとマーク指定が終了します。

    4012-20
  6. リストアジョブの選択

    マーク指定が終了すると、定義済みのリストアジョブが表示されますので、バックアップメディアに対応したリストアジョブを選択します。

    4012-21
  7. ジョブの実行確認

    選択されたリストアジョブのリストア先、バックアップされたクライアント情報などが表示され、実行確認をされますので、yesを入力するとジョブがキューイングされます。

    The job will require the following
       Volume(s)                 Storage(s)                SD Device(s)
    ===========================================================================
    
        file1                     File                      FileStorage             
    
    Volumes marked with "*" are online.
    
    
    172 files selected to be restored.
    
    The defined Restore Job resources are:
         1: RestoreFiles
         2: Restore Test Set
    Select Restore Job (1-2): 2
    Run Restore job
    JobName:         Restore Test Set
    Bootstrap:       /var/spool/bacula/bacula-dir.restore.1.bsr
    Where:           /tmp/bacula-restore
    Replace:         always
    FileSet:         Test Set
    Backup Client:   bacula-client
    Restore Client:  bacula-client
    Storage:         File
    When:            2014-02-08 17:20:03
    Catalog:         MyCatalog
    Priority:        10
    Plugin Options:  *None*
    OK to run? (yes/mod/no): yes
    Job queued. JobId=8
    
  8. リストアの実行

    しばらくするとリストアジョブが実行されます。

    OK to run? (yes/mod/no): yes
    Job queued. JobId=8
    *
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: Start Restore Job Restore_Test_Set.2014-02-08_17.20.35_15
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: Using Device "FileStorage"
    08- 2月 17:20 bacula-sd JobId 8: Ready to read from volume "file1" on device "FileStorage" (/mybackup).
    08- 2月 17:20 bacula-sd JobId 8: Forward spacing Volume "file1" to file:block 0:57525661.
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: Bacula bacula-dir 5.0.0 (26Jan10): 08- 2月-2014 17:20:38
      Build OS:               i386-redhat-linux-gnu redhat
      JobId:                  8
      Job:                    Restore_Test_Set.2014-02-08_17.20.35_15
      Restore Client:         bacula-client
      Start time:             08- 2月-2014 17:20:37
      End time:               08- 2月-2014 17:20:38
      Files Expected:         172
      Files Restored:         172
      Bytes Restored:         23,796,079
      Rate:                   23796.1 KB/s
      FD Errors:              0
      FD termination status:  OK
      SD termination status:  OK
      Termination:            Restore OK
    
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: Begin pruning Jobs older than 43 years 7 months 24 days 8 hours 20 mins 38 secs.
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: No Jobs found to prune.
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: Begin pruning Jobs.
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: No Files found to prune.
    08- 2月 17:20 bacula-dir JobId 8: End auto prune.
    
  9. リストア先の確認

    リストアが成功したらConsoleを終了し、実行したリストアジョブで定義したリストア先を確認します。

    [vagrant@bacula-client ~]$ sudo ls /tmp/bacula-restore/usr/sbin
    VBoxService              httpd.event                 rpc.mountd
    addgnupghome             httpd.worker                rpc.nfsd
    adduser                  httxt2dbm                   rpc.svcgssd
    alternatives             hwclock                     rpcdebug
    anacron                  iconvconfig                 rpcinfo
    apachectl                iconvconfig.i686            rtacct
    applygnupgdefaults       lchage                      rtcwake
    arpd                     ldattach                    run_init
    arping                   lgroupadd                   saslauthd
    authconfig               lgroupdel                   sasldblistusers2
    authconfig-tui           lgroupmod                   saslpasswd2
    avcstat                  lid                         selinuxconlist
    bacula                   lnewusers                   selinuxdefcon
    bacula-fd                lnstat                      selinuxenabled
    bconsole                 load_policy                 semodule
    brctl                    logrotate                   sendmail
    bsmtp                    lokkit                      sendmail.postfix
    btraceback               lpasswd                     sestatus
    build-locale-archive     luseradd                    setcap
    cacertdir_rehash         luserdel                    setenforce
    cache_check              lusermod                    setsebool
    cache_dump               matchpathcon                showmount
    cache_repair             mkdict                      sim_server
    cache_restore            mklost+found                sm-notify
    capsh                    mksock                      smtp-sink
    chpasswd                 mountstats                  smtp-source
    chroot                   newusers                    ss
    clockdiff                nfsidmap                    sserver
    cracklib-check           nfsiostat                   sshd
    cracklib-format          nfsstat                     start-statd
    cracklib-packer          nstat                       suexec
    cracklib-unpacker        open_init_pty               sys-unconfig
    create-cracklib-dict     packer                      t1libconfig
    crond                    ping6                       testsaslauthd
    dkms                     pluginviewer                thin_check
    e2freefrag               plymouth-set-default-theme  thin_dump
    efibootmgr               postalias                   thin_metadata_size
    ethtool                  postcat                     thin_repair
    exportfs                 postconf                    thin_restore
    fdformat                 postdrop                    thin_rmap
    filefrag                 postfix                     togglesebool
    genhomedircon            postkick                    tracepath
    getcap                   postlock                    tracepath6
    getenforce               postlog                     tunelp
    getpcaps                 postmap                     tzdata-update
    getsebool                postmulti                   update-alternatives
    glibc_post_upgrade.i686  postqueue                   useradd
    groupadd                 postsuper                   userdel
    groupdel                 pwck                        usermod
    groupmems                pwconv                      usernetctl
    groupmod                 pwunconv                    uuserver
    grpck                    raid-check                  vbox-greeter
    grpconv                  readprofile                 vigr
    grpunconv                restorecond                 vipw
    gss-server               rotatelogs                  visudo
    htcacheclean             rpc.gssd                    zdump
    httpd                    rpc.idmapd                  zic
    

    以上で、リストアは終了です。

まとめ

ここまで、バックアップおよび、リストア方法について解説しました。解説した内容は、Baculaの機能の一部分だけです。この記事を参考にして、Baculaを用いた実践的なバックアップ・リストアを実践しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。