VBoxManageを使ってVagrant Boxを作成する方法(第1回)~VBoxManageを使って仮想マシンを作成する

VBoxManageを使ってVagrant Boxを作成する方法(第1回)~VBoxManageを使って仮想マシンを作成する

はじめに

これまで、本ブログではVirtualBoxを使用した仮想マシンの作成方法や、Veeewee/Vagrantを使用した仮想マシンの作成自動化について解説してきました。今回は、VirtualBoxのCLIコマンド VBoxManageを使って、仮想マシンを作成し、作成した仮想マシンをVagrant Boxに変換する方法を3回に分けて解説します。第1回は、VBoxManageを使用した仮想マシンの作成方法について解説します。
作成に使用するマシン環境は、下記のとおりです。

ソフトウエアバージョン
OSWindows 7 Ultimate 32bit
CygwinSetup Version 2.831
VirtualBox4.2.18 r88780
Vagrant1.2.7
Veewee0.3.12

また、作成される各種データは、下記に示すフォルダに保存します。
なお、OSインストールに使用するISOイメージデータは、予めダウンロードしています。

データフォルダ
VirtualBoxデータF:\VirtualBox
ISOイメージデータI:\ISO
Vagrant BoxデータD:\export\vagrant

仮想マシンの作成

CLIコマンドのVBoxManageは、ユーザーマニュアルに公開されているようにさまざま機能を実行できます。
ここでは、下記のスペックの仮想マシンを作成します。

設定項目設定内容
仮想マシン名CentOS-6.4-x86_64-minimal
OSCentOS 6.4 64bit
CPU2
RAM1GB
HDD8GB
NIC数1
NIC型番Intel PRO/1000 MT Desktop (82540EM)
ネットワークタイプnat
ストレージコントローラーSATA

以下の手順で、仮想マシンを作成します。

    punio@PAPA ~
    $ VBoxManage createvm --name CentOS-6.4-x86_64-minimal
    Virtual machine 'CentOS-6.4-x86_64-minimal' is created.
    UUID: 2aad024e-6edc-4456-af67-f874299b3bb4
    Settings file: 'F:\VirtualBox\CentOS-6.4-x86_64-minimal\CentOS-6.4-x86_64-minimal.vbox'
    
    punio@PAPA ~
    $ VBoxManage registervm F:/VirtualBox/CentOS-6.4-x86_64-minimal/CentOS-6.4-x86_64-minimal.vbox
    
    punio@PAPA ~
    $ VBoxManage modifyvm CentOS-6.4-x86_64-minimal --ostype RedHat_64 --memory 1024 --acpi on --ioapic on --cpus 2 --hwvirtex on --hwvirtexexcl on --nestedpaging on --largepages on --clipboard bidirectional --nic1 nat --nictype1 82540EM --cableconnected1 on --boot1 none --boot2 disk --boot3 dvd --boot4 net --usb off --usbehci off
    
    punio@PAPA ~
    $ VBoxManage createhd --size 8192 --variant Fixed --filename F:/VirtualBox/CentOS-6.4-x86_64-minimal/CentOS-6.4-x86_64-minimal.vdi
    0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
    Disk image created. UUID: 0c985ae7-22a1-46dd-b340-8f80deb80b66
    
  1. 仮想マシン名の作成

    仮想マシン名を指定して、VirtualBox構成ファイルを作成します。

    $ VBoxManage createvm --name CentOS-6.4-x86_64-minimal
    
  2. 仮想マシン名の登録

    作成した仮想マシン名をVirtualBoxに登録します。
    終了すると、VirtualBoxのGUIで仮想マシン名を確認することができます。

    $ VBoxManage registervm F:/VirtualBox/CentOS-6.4-x86_64-minimal/CentOS-6.4-x86_64-minimal.vbox
    

  3. 仮想マシンの設定

    仮想マシンの登録だけでは、仮想マシンの設定は何もされていませんので、仮想マシンの設定を行います。
    ここでは、上記の仮想マシンのスペックの他に、クリップボード共有を双方向に指定し、ブート順序もHDD→DVD→NETに変更しています。

    $ VBoxManage modifyvm CentOS-6.4-x86_64-minimal --ostype RedHat_64 --memory 1024 --acpi on --ioapic on --cpus 2 --hwvirtex on --hwvirtexexcl on --nestedpaging on --largepages on --clipboard bidirectional --nic1 nat --nictype1 82540EM --cableconnected1 on --boot1 none --boot2 disk --boot3 dvd --boot4 net --usb off --usbehci off
    

    また、今回インストールするOSは、64bitですのでostypeRedHat_64を指定しています。指定を間違えるとOSインストーラーが起動しませんので、注意が必要です。
    なお、VirtualBoxがサポートするostypeは、以下のコマンドで表示できます。

    $ VBoxManage list ostypes | grep ^ID
    
  4. 仮想ハードディスクの作成

    仮想ハードディスクを固定サイズで作成します。–filenameオプションで任意のフォルダを指定できますが、VirtualBoxの保存フォルダを指定して作成しています。

    $ VBoxManage createhd --size 8192 --variant Fixed --filename F:/VirtualBox/CentOS-6.4-x86_64-minimal/CentOS-6.4-x86_64-minimal.vdi
    
  5. punio@PAPA ~
    $ VBoxManage storagectl CentOS-6.4-x86_64-minimal --name SATA --add sata --sataportcount 5 --bootable on
    
    punio@PAPA ~
    $ VBoxManage storageattach CentOS-6.4-x86_64-minimal --storagectl SATA --port 1 --type hdd --medium F:/VirtualBox/CentOS-6.4-x86_64-minimal/CentOS-6.4-x86_64-minimal.vdi
    
    punio@PAPA ~
    $ VBoxManage storageattach CentOS-6.4-x86_64-minimal --storagectl SATA --port 2 --type dvddrive --medium I:/ISO/CentOS/CentOS-6.4-x86_64-minimal.iso
    
  6. ストレージコントローラーの追加

    仮想ハードディスクおよび、仮想DVDドライブを割り当てるために、SATA(Serial ATA)コントローラーを追加します。
    sata以外にも、ide/sscsi/floppyを指定可能です。また、–bootable onを指定することで、Boot可能なコントローラーに設定しています。

    $ VBoxManage storagectl CentOS-6.4-x86_64-minimal --name SATA --add sata --sataportcount 5 --bootable on
    
  7. 仮想ハードディスクの割り当て

    ストレージコントローラーを追加したら、追加したストレージコントローラーの名前を指定して、仮想ハードディスクを割り当てます。

    $ VBoxManage storageattach CentOS-6.4-x86_64-minimal --storagectl SATA --port 1 --type hdd --medium F:/VirtualBox/CentOS-6.4-x86_64-minimal/CentOS-6.4-x86_64-minimal.vdi
    
  8. 仮想DVDドライブの割り当て

    仮想ハードディスクと同様に、仮想DVDドライブを割り当てます。
    インストールメディアは、CentOS-6.4-x86_64-minimal.isoを指定しています。

    $ VBoxManage storageattach CentOS-6.4-x86_64-minimal --storagectl SATA --port 2 --type dvddrive --medium I:/ISO/CentOS/CentOS-6.4-x86_64-minimal.iso
    
  9. 仮想マシンの起動

    以上で、仮想マシンの設定が終了しましたので、仮想マシンを起動します。

    $ VBoxManage startvm CentOS-6.4-x86_64-minimal
    
    punio@PAPA ~
    $ VBoxManage startvm CentOS-6.4-x86_64-minimal
    Waiting for VM "CentOS-6.4-x86_64-minimal" to power on...
    VM "CentOS-6.4-x86_64-minimal" has been successfully started.
    

    DVDドライブから起動すると、インストールを開始することができます。
    ここでは、CentOS 6.4をデフォルトインストールしています。

    1014-04 1014-05 1014-06

まとめ

ここまで、VBoxManageを使用した仮想マシンの作成方法を解説しました。第2回は、今回作成した仮想マシンにVagrant Box用の設定を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。